国内進学より大学留学のほうが安いのか

海外進学に関して誤解されていることの代表が費用のことです。

高校の進路指導の先生でも知らない人は多く、お金がないから大学留学はできないという理由は必ずしもあてはまりません。国内での進学費用をみてみると、私立大学の場合、4年間で500万円から600万円ほどの費用がかかっています。一方、海外では、アメリカやカナダの州立カレッジでは留学生向け授業料が年間で60万円から70万円程度です。これにホームステイなどの滞在費用が70万円程度なので、年間で140万円程度、日本の大学のように高額な入学金は必要ありません。

そのため、この段階で首都圏の私立文系大学と同等ということになります。日本でも自宅通学でなければ仕送り等が発生し、年間100万円を超えてくるわけですから、授業料などと合わせれば年で250万円近く、あるいはそれ以上のお金がかかってくるわけです。有名私立の文系で4年間で学校納入金まであわせると1000万円を超えてくるところもあります。

また、大学留学に関しては費用面だけでなく、車でも服でも何でもそうですが、教育という商品に関してもそれで得られる対価を併せて考える必要があります。グローバル化がまずます加速する中で、まず英語レベルが相当高くなることが大学留学では期待できるわけです。

体感的に国際感覚と現地でのネットワークが大きなメリットになります。今後、日本でも英語教育が本格化していく中で、英語教育を小さいころから受けてきた者とそうでない者の差が社内でも広がっていく現象が必ず起きてきます。上司なのに部下より能力が劣るということがないようスキルを磨いておくことも大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *