セブに留学する際に知っておくこと

セブは日本からの留学者の多い地域です。

これは英会話が上達する人が多いことによりますが、ただ行けば話せるようになる、というわけではないので学習方法の特徴を知っておく必要があります。ネイティブの国に行くよりも英会話が上達する理由は、聞いて話すことに力を入れた学習であるからです。日本では文法などの知識を詰め込むことがメインになって聞いたり話したりすることが少ないため、英会話の学習には適していません。もう1つのセブの留学の特徴が、マンツーマンで英会話を行うのが中心になっていることです。

一般的な授業の形式であるグループレッスンの場合、実際に1人当たりにかけられる時間は短くなりますが、マンツーマンで行うことで十分な時間を費やすができます。これがセブに留学すると英会話ができるようになる仕組みです。ここで問題になるのがそもそもの英語の知識です。実践して学ぶ形式であるため、その土台になる基礎学力がなければ相手が何を話しているのか理解できませんので、マンツーマンで受けていても意味がありません。

これを理解して事前に準備しておく必要があります。行くだけで上達すると思ってセブに留学した結果、失敗している日本人も多いので注意しましょう。学習以外に関しては、セブの留学で滞在する地域はフィリピンの中では治安は良いので大きな事件に巻き込まれる危険性は少ないですが、日本と比べれば安全とは言えないので盗難などには注意が必要です。日本から近く、時差は1時間程度なので時差ボケに悩む心配はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *