高校留学の特徴とメリット

高校留学は高校を1年ほど休学して行う留学のことで、短期的な留学とは少々異なります。

高校留学にはいくつかの特徴とメリットがあるため、最近では高校での長期留学を希望する人が増えています。まずは自分に合った海外の高校に通えるという特徴があります。短期間の留学となれば提携校や修学旅行でお世話になっている高校など選択の幅が限られてしまうケースも多いです。しかし、1年間通うとなれば自分で好きな高校を選択できることが多いです。海外は高校によって様々な特色があるので、自分に合った学校で1年を過ごすことができます。

次に1年間通うためしっかりと授業に参加できるという特徴があります。短期留学ですと交流を深めるための時間や実習的な授業でほとんどが終わってしまいますが、長期となると通常の授業を継続して受けられます。もちろん休み時間や放課後、休日に交流を深めることができるため、友達も作りやすいというメリットがあります。さらには自立性を身につけられるという特徴があります。

短期間の留学であれば困難な出来事があってもなあなあでやり過ごしたり、修学旅行であれば引率の先生が何とかしてくれたりします。ですが、長期間過ごす場所では何かがあれば解決していかなければ生活できません。毎日考え努力することでより自立性を養うことができるというわけです。高校留学にはこのような特徴とメリットがあります。海外に興味のある場合は検討してみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *